「ムーニャの森」動物保護活動のページです。


私の住んいるところには 数年前までたくさんののら猫生活していました。  ペット禁止の住宅です。





「餌やり禁止」
の回覧がくるたびに泣きました、怒りました、

のら猫たちと会うと 「ごめんね」と言って横切ることがつらかった、会いたくなかった。  何もできないことが悔しかった。


とても多くの猫が なくなりました。


餌やりを禁止しても こっそりと餌まきをする人がいます。

マナーのない与え方=食べ残しをかたづけないために ネズミやカラスや害虫や悪臭・・・

「餌やり禁止」の強化

猫は どんどん増える・・・


このままでは 
のら猫問題 解決なしの 悪循環です。




「犬猫の殺処分ゼロ」を掲げるには あまりに大きすぎて、何をすればいいのかわかりません。

それなら
「今、私ができること」= のら猫たちの生活を守る

というわけで 2014年4月〜ひとりですが、
のら猫の保護活動を、始めることにしました。



動物愛護活動 
「ムーニャの森」です

動物たちのために寄り添って 歩いていきたいです。





「のら猫を
地域猫にする」始動!

2015年4〜5月
成功した自治体や地域の情報を集めて
自治会へ提案・相談

「ペット禁止」の住宅のため
住民への呼びかけ・費用の協力は、困難という回答

去勢・避妊手術にかかる費用は 私が全額支払う” 
それでも却下


市役所の担当係長さんと捕獲の件で相談 

市内の動物愛護団体との間で話をすすめる

結果 団地自治体の理解を得ることができない との回答
「あきらめてください。」って感じ・・・

誰も頼りにならないので ひとりでTNR活動をはじめる

  
サクラ  5/29捕獲・6/1退院

  
梅ちゃん 7/5捕獲 深い傷あり  7/12退院
7/25虹へと旅立ちました。最期までよくがんばりました。


  
松くん 7/8捕獲  7/12退院


  
  
栗ちゃん 7/15捕獲 体内にうじと深い傷あり 7/28退院


  
桃助 7/23捕獲  7/25退院

  
みかんちゃん 7/24捕獲 深い傷あり 8/6退院


  
竹ちゃん 9/2捕獲 9/4退院


のら猫TNRは 手術後の世話が続きます。
毎日の水やり カリカリと猫缶
きれいなお皿に一匹づつ くばります。
たべおわるまで 待っています。

人の目は とてもつめたいです。


このころのいつめんは5匹 たまに 飛び入り参加で 7〜8匹


  
マスクくん  と   ハットちゃ

  
もぐちゃん  と  みかんちゃん


mimi―ちゃん


2016〜2017年 最近仔猫の鳴き声が聞こえません。
この団地の猫を保護してくださっている方もいました。
猫たちのために きちんと給餌活動をしてくださあっている方にもお会いしました。



現在 給餌場所はを1か所にしています。
mimiーちゃん・松くん・竹ちゃんの3匹です





のら猫は「地域猫として一代限りの命を見守る」のが理想だと思います。

地域猫にするには、捕獲から 避妊・去勢手術・給餌・衛生・管理など

長年にわたり、多額な費用もかかり多くのボランティア

そして地域の理解と協力が何よりも必要とされます。


動物の殺処分がなくなりますように・・・、

動物にやさしい輪が ぐんぐんと 広がっていきますように・・・


中野良子 ムーニャの森 moonnya.R.N. 童話「月猫ムーニャ」は
動物の尊い命のために、できることを続けていきたいと思っております。


    
  
   
2016年4月 鎌倉ね小町での個展の際に ねこ缶募金をしました。
集まりました。みなさんの善意に心から感謝いたします。
4220円で 黒缶29個を購入しました。
ありがとうございました
 







      

     

このページのTOPへもどる



moonnya.R.N / ムーニャの森 / 中野良子.
cat@moonnya.com

Copyright (c) 2012 Moonnya.Ryoko.Nakan/ムーニャの森 All Rights Reserved